カテゴリーアーカイブ: プラン

旅行になれば大役立ち レンタカーを格安で利用する方法はこちら!

レンタカーイラスト

レンタカーを格安で利用する意味

近年は自分の自動車を持たない人が増えており、もし自動車が必要な時がくればレンタカーを使うというライフスタイルが顕著になってきています。自動車は持っているだけで車検や駐車場代などさまざまなお金がかかってしまうので、不況の今、こういったライフスタイルを選ぶ人が多いのも頷ける話です。

しかし問題は自動車を借りる際にもレンタル料金がかかってしまうことです。これは決して安いものではないので、利用の仕方を考えないとどんどん出費がかさんでしまいます。そのため、自動車を借りる前に「安くサービスを利用する方法」を学んでおくのがいいでしょう。

特に自動車を借りる時というのは旅行で遊びに行くケースが多いですが、旅行にはこれまた多くのお金がかかります。しかし、自動車を安く借りることができたなら、その分浮いた予算を旅行費にあてることができるので、旅行をもっといいものにすることが可能です。

格安になっているセットプランを利用する

レンタカーを格安で利用する方法についてですが、たとえば「セットプラン」を利用することがあげられます。セットプランというのは旅行会社などが行っているもので、旅行に必要な複数のサービスを同時に申し込めるものを指します。

どういうことかというと、基本的に旅行をする場合、宿泊先は宿泊先施設で予約、鉄道は鉄道会社で予約、自動車はレンタカー会社で予約というように別々に予約するのが普通です。しかし、セットプランでは1つの申し込み先から、宿泊先の手配や鉄道のチケット購入、レンタカー予約などを同時にできるようになっています。

そしてセットプランを利用すると、個別に申し込みを行った時の価格よりも低い価格に割引してくれます。こういったプランは旅行会社が積極的に提供しているものなので、ぜひ探してみてください。

中古車を借りる

格安で自動車を借りる方法には他にもあり、たとえば「中古車を借りる」ことがあげられます。レンタカーは基本的に新しい自動車を借りることができるのですが、会社によっては中古車を取り扱っていることもあります。当然新車よりも中古車の方が質が落ちるわけですが、そのかわり料金がものすごく安くなっているのです。

会社によっては格安どころか激安といえるような料金設定のところもあります。そのため、「とことん安さを追求したい」という人はこのスタイルのレンタカーを探してみるといいでしょう。
ただし、こういったスタイルで自動車を貸している会社は業界では中小規模なので、駅前に店舗を進出していない可能性があります。そのため、最寄り駅からどれくらいの距離に店舗があるかを確認してから利用するべきです。最低でも徒歩でいけるような距離にあることが望ましいです。

それから店舗の位置だけでなく、サービス内容は隅々まで把握しておきましょう。安いからといって必ずしもサービスが悪いというわけではありませんが、旅行当日になってトラブルが起きるのはなんとしても避けたいところなので、すべてのサービスに納得してから申し込むようにしてください。特に近年はただ自動車を借りられるだけでなく、さまざまな周辺サービスが用意されていることが多いです。

冬の到来の早さには注意 北海道のレンタカーで注意したい点について

北海道の冬は早い

北海道入りの際はレンタカーを借りるといった人も多く見られます。ここでは北海道のレンタカーで注意したい点について紹介したいと思います。北海道のレンタカー比較はトラベルチケットも要チェックです。こちらも確認してみてください。
北海道は冬の到来も早いことはみなさんもご存知のことでしょう。雪についても注意が必要です。早いエリアでは10月末に雪が降ることがあります。山へ行かれる方は天気予報についても気にするといいでしょう。

スタッドレスが装着されているか要チェック

北海道のレンタカー業者も10月は衣替えの季節に入ります。10月上旬から10月下旬にかけてスタッドレスタイヤに変更する業者が多数見られます。となると10月はまだスタッドレスタイヤを装着しているかわからないというわけです。山へ行かれる予定の方は、スタッドレスタイヤが装着されているか必ず確認してください。特に注意が必要なのは南に住んでいる人たちです。スタッドレスタイヤでなくても大丈夫だろうと安易に考えるのはやめましょう。雪道はスタッドレスタイヤでないと大変なことになります。特に北海道は冷え込みも厳しいので、すぐにアイスバーンになってしまいます。地元の人でも緊張しつつ運転しています。甘い考えは捨てましょう。

自然の神秘

清里町方面に行くなら「神の子池」にも立ち寄ってみるといいでしょう。ここはなんとも神秘的な池です。
ここにはこんな言い伝えがあります。それは摩周湖から湧き出る伏流水でできた池だという話です。ここの池は季節によって違う顔を見せます。色が変化し、またそれも綺麗です。水温が低いことでも知られており、1年を通して平均8度ほどしかありません。倒木が沈んでいますが、腐らず水の中に浮かんでおり、さらに不思議な光景を見出しています。

水深は約5メートルほどです。意外と浅い池となっています。ここの池はエメラルドグリーンでとても神秘的な印象を受けます。魚の生息も確認されており、サケ科のオショロコマに遭遇できるかもしれません。
なぜこんな色になったのか?と不思議に思うことでしょう。理由については現在も謎のままです。一説によると水酸化銅が影響しているといった説もあります。

ここは自然が造りだした神秘の世界でもあります。こんな場所があったなんてと驚く人も多いのだとか。それもまた北海道の魅力です。
冬の到来が早い北海道は10月は念のためスタッドレスタイヤの着用を確認しましょう。レンタカー業者に確認するといいでしょう。その点も比較の対象に入れておきましょう。